親が残してくれた遺産相続

オリジナル見出し01

親は子供がいくつになっても心配しますし、愛情を注ぎ続けます。
そして、自分が亡くなった後に子供たちが苦労しなくてもすむように、遺産相続の分配に関して遺言状を作成することでしょう。



家や土地などの不動産、会社、株券、貯蓄などを残しておくことでしょう。



しかし、親が決めた遺産相続の分配に関して、時には遺族の間で衝突やトラブルが生じることがあります。



例えば兄弟間でも、分配が異なる場合があります。
次女が長女よりも多くの遺産を受け継ぐ、といったケースが時折ありますが、そういう場合、長女は、自分は長女なのに分配が少ないということで気分を害して、さらに妹にお金を請求するかもしれません。



しかし、長女は遠方に住んでいたために親の面倒をあまり見ることが出来なかったけども、次女は近くに住んでいたので一生懸命面倒を見てくれて、最後まで介護をしてくれた。という場合には、親は次女の方に多めに遺産を残しておくことでしょう。


親は、子供を平等に扱いますが、しかしその子供に応じて報いを与えるものです。

親は、一生懸命考えて遺産相続の分配を決めたわけですから、親が決めたことに関して不満を述べたり、自分よりも多く遺産をもらった兄弟に対して、悪感情を抱かないようにしましょう。



むしろ死んだ後も、子供たちのことを考えて気遣い遺産を残してくれた親に感謝するようにしましょう。



そうすれば、遺産相続に関してトラブルを避けることが出来るでしょう。

関連リンク

  • タイトル21

    親族が亡くなった場合には遺産相続の権利が発生することがあります。被相続人が遺言を残している場合には遺言の内容が最優先されますが、遺言が残されていない場合には法律によって決められて通りに相続することになります。...

  • タイトル22

    親は子供がいくつになっても心配しますし、愛情を注ぎ続けます。そして、自分が亡くなった後に子供たちが苦労しなくてもすむように、遺産相続の分配に関して遺言状を作成することでしょう。...