遺産相続をする前に知っておきたいこと

オリジナル見出し01

親族が亡くなった場合には遺産相続の権利が発生することがあります。被相続人が遺言を残している場合には遺言の内容が最優先されますが、遺言が残されていない場合には法律によって決められて通りに相続することになります。



相続する財産はプラスの財産だけではなくマイナスの財産も相続することになります。



プラスの財産とは預貯金や不動産のことで、マイナスの財産とは借金などの負債のことです。



そのためプラスの財産よりもマイナスの財産の方が多い場合には、相続放棄を選択することも出来ます。



相続放棄を選択すれば借金などを引き継がなくてもよいのですが、プラスの財産を引き継ぐ権利も失ってしまいますので、事前に良く検討することが大切です。
法律で決められている遺産相続の対象となる人を法定相続人といいます。
法定相続人は第1順位から第3順位まであり、第1順位から優先的に相続権が与えられます。



それ以降は上位の法定相続人が居ない場合に相続権が回ってきます。



配偶者は全ての順位において相続人として認められておりますし、遺産相続の配分に関しても最も多くの遺産を相続することが出来ます。
法律で遺産相続について決められているとは言っても、全てのケースにおいてトラブル無く話がまとまるわけではありません。
不動産などは法律通りに配分することが困難ですので、親族間でも度々トラブルが起こってしまいます。

トラブルを解決したり、未然に防ぐ意味でも弁護士に相談や依頼をすることも得策です。


関連リンク

  • タイトル21

    親族が亡くなった場合には遺産相続の権利が発生することがあります。被相続人が遺言を残している場合には遺言の内容が最優先されますが、遺言が残されていない場合には法律によって決められて通りに相続することになります。...

  • タイトル22

    遺産の相続人になったら、その遺産相続があったことを知った時から3ヶ月以内に、その遺産を相続するか、或いは放棄または限定承認するかを決めなければなりません。もしも3ヶ月以内に放棄または限定承認の手続きをとっていなかった場合、相続人は遺産を単純承認したものと見做されます。...